photoshopスキャンしたイラストや文字で手書き素材を作ろう!

シェアする

名刺やフライヤーにDMなどを作るのに可愛い素材が欲しい。手書き風の素材が欲しい!
でも、手書き風の素材ってやっぱり本屋さんとかで買わないとダメなのかな……?
買ったけど思うような素材が無いなぁ……。
っていうか、作れないの?
と思ったあなたに朗報です!手書き風素材、作れます!早速作っていきましょう。

準備

好きな文字やイラストを描いた紙を用意し、スキャンをしておきます。
今回は手書き感が伝わるように、2Bの鉛筆で描きました。

スキャンした画像を綺麗に画像処理する

このままの画像では、加工しづらいのでトーンカーブを使って白いところと黒いところを
くっきりはっきりとしていきます。
①イメージ(I)→色調補正(A)→トーンカーブ(U)を選択してください。

②すると、このようなパネルが表示されるので、白いスポイトをクリックしてください

③そのまま、白くしたい箇所をクリックすると………

全体が明るく、はっきりしました
まだOKは押さないでくださいね。

④次は黒いスポイトをクリックしてください。

⑤字を黒くはっきりさせたいので、字を黒のスポイトのまま、クリックしてください。

すると!字だけでなく、まわりの装飾線もはっきりくっきりと、さっきより黒くなりました
ですが、線のまわりが汚いので、また白いスポイトを使って処理していきます。

⑥これで綺麗に画像処理ができました。

線を自動選択ツールでとりこむ

⑦背景の鍵付きだと加工作業ができないので、新規レイヤーをクリックしてください。

⑧するとレイヤー名(N)がレイヤー0と表示されるので、OKを押してください。

⑨背景からレイヤー0に変更されました。ここから自動選択ツールを選択し、線をクリックしてください。

⑩するとクリックして選択したところが、ウニョンウニョンと波打つように表示されます。
 思っていないところまで選択されてしまった場合は、Ctrl+Z(command+Z)でやり直しながら作業してください。

⑪新規レイヤーにコピーをしたいので、新規レイヤーを作ります。赤丸をクリックすると、
 右の用に表示されます。

レイヤー0を選択し、編集(E)→コピー(C)を選択します

⑬そこからレイヤー1をクリックし、編集(E)→ペースト(P)を選択します。

⑭レイヤーを見えなくし確認します。これで完成です!

illustratorに配置すれば手書き素材として使えます!

最後に

画像処理も、illustratorに配置しその上からトレースすると見やすくアートワークが作りやすいです。
画像処理をするかしないかで、作業中のイライラもだいぶ少なくなるでしょう。
いかがでしたか?皆さんもぜひ、この方法を試してみて快適な製作ライフをおくりましょう~

使用ソフト:Windows10
illustratorCS4

0
スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る