手軽に角丸加工が楽しめる!「かどまるん」

シェアする


みなさんは角丸加工がされた名刺やポストカードを見たことがありますか?
角丸加工とはこのように紙の角を丸くカットしたことをいいます!

主に、印刷所で名刺などを頼む際にオプション欄でよくある憧れの加工のひとつです。
しかし、お値段が高くなってしまう為、断念した方も多いのでは無いでしょうか?
そこで今回は印刷所に頼まず、手軽に角丸加工が自分でできる「かどまるん」をご紹介します!

カンタンに「かどまるん」

こちらが「かどまるん」です!
私が持っているのは青色のみですが他にも黄色、ピンクと3色展開されています。
サイズは5センチほどでとてもコンパクト。見た目もコロンとしてて可愛らしい印象。

構造としては穴あけパンチと同じような作りになっています。
説明書の通り紙を隙間に入れ込み、力を軽く入れてパチンとすると…

このように角を丸くすることができました!

角を丸くする事によって柔らかい、コロンとしたかわいらしい印象になりました。
のこり3つの角もかどまるんを使用すると


角丸加工のされた名刺が簡単に完成!


ポストカードも角丸にしてみました!

ちなみに今回の「かどまるん」の角丸加工カット半径は5mmのみとなっています。
画像をよくみて参考にしてくださいね。

紙の厚さについて

今回紹介してる「かどまるん」ですが、ひとつずつ角を丸くしていくので100枚以上などたくさんの名刺等を角丸にしていくと、とても時間が掛かります。
効率化しようとすれば紙を1枚ずつではなく2枚ずつで行なっていくようにすれば作業スピードがあがりますよね。

その際、気にして置かなければいけないのが

「かどまるんか対応してる紙の厚さ」

です。
作業を少しでもはやく!と紙を詰めすぎると故障の原因になってしまいます。

画像はアートポスト(180kg)の紙を挟んだ状態のかどまるんです。
コピー用紙などペラペラな紙だと2枚同時に使えましたが、こちらの紙だと2枚同時はかなり難しかったです。

また、百均で購入した厚紙(400kg)は挟むことができませんでした。
基本的な名刺やポストカードを一枚ずつなら問題ありませんが、もし厚い紙を予定されてる方がいましたらお気をつけくださいね!

最後に

いかがでしたか?
角丸の様な印刷加工はハードルが高いと思われているかもしれませんが、このように自分で手軽にできる加工もたくさんあります。
今回試したのは名刺とポストカードのみですが、他にも物販のラッピングや値札(プライスカード)などたくさんのものに応用できると思います!

ぜひ、色んなことを試してみてオリジナリティある自分らしいグッズを作ってみましょう!

最後までありがとうございました!

0
スポンサーリンク

シェアする

トップへ戻る